« マンマ・ミーア!(原題:MAMMA MIA!) | トップページ | 最近のマスコミ報道を見て、感じたこと »

第81回米アカデミー賞をリアルタイムで楽しむ♪

今年は『スラムドッグ$ミリオネア』YEARでした!

50 レッド・カーペットでは、やはり女優陣のゴージャスなドレスがみどころ。特に人気のデザイナー、ヴァレンチノ氏ご本人も登場しました。私のイチオシはやっぱり、ペネロペの80年前?に作られたと言うヴィンテージ・ドレスかなあ…髪をアップスタイルにした彼女は、往年のオードリー・ヘップバーンを彷彿させます。女優としての彼女は、作品の為ならフルヌードも辞さないプロ根性の塊のような人だけれど…助演女優賞の受賞スピーチ「映画は世界をひとつにします。映画を守りましょう」も素晴らしかったです!

Photo_3













今回のアカデミー賞の演出は出色ですね。オープニングから楽しめました。トニー賞受賞歴もある司会のヒュー・ジャックマンが歌い踊りながらノミネート作品を紹介。6分間に及ぶ見事なパフォーマンスです。

60 60_2






【受賞作品もしくは受賞者(発表順、賞によっては作品名のみ)】

しかも今回は各演技賞で、歴代の受賞者の中から5人がステージに登場し、ひとりひとりが順送りに、ノミネートを受けた俳優を賞賛のメッセージと共に紹介。それに聞き入っているノミネート俳優の感激の表情に心を打たれました。歴代の先輩俳優に褒められるなんて…このような心憎い演出はかつねなかったこと。アカデミー賞の長い歴史と層の厚みを今更のように感じたシーンでした。

◆受賞スピーチ(公式サイトより、英語):http://www.oscar.com/oscarnight/winners/

Photo_4 ■助演女優賞:ペネロペ・クルス 
  『それでも恋するバルセロナ』

■オリジナル脚本賞 :『ミルク』

■脚色賞:『スラムドッグ$ミリオネア』

■長編アニメ賞:『WALL/E』


■短編アニメ賞:『つみきのいえ』 加藤久仁生氏
…邦画初受賞おめでとうshine


【2009.02.24追記】

加藤氏はROBOTと言う映像製作会社の社員なんですね。多摩美大卒の31歳。ニュース報道でご両親の言葉がありましたが、本来おとなしくて目立つことが嫌いな方だとか。しかし子供の頃から絵を描くことが好きで、ニュースでは小学生時代に描いたと言う鉛筆描きのマンガも紹介されていました。好きなことで認められるのは、本当に幸せなことですね。

■美術賞:『ベンジャミン・バトンの数奇な人生』

■衣装デザイン賞:『ある公爵夫人の生涯』

■メイクアップ賞:『ベンジャミン・バトンの数奇な人生』

■撮影賞:『スラムドッグ$ミリオネア』 アンソニー・ドッド・マントル

■短編実写映画賞:「トイランド」(ドイツ)

Photo_5 さらに半ばにはディーヴァ、ビヨンセを迎えてのヒュー・ジャックマンとのミュージカル・メドレー。両脇にはザック・エフロンを筆頭に次代を担う若手スター達、背後には大勢のダンサーを従えています。歌唱はもちろん、ダンス・パフォーマンスも圧巻でした!



■助演男優賞:『ダークナイト』 ヒース・レジャー

Photoヒースが故人なので、彼の家族、両親と妹が代理でオスカー像を受け取り、受賞スピーチを行いました。








■視覚効果賞:『ベンジャミン・バトンの数奇な人生』

■音響編集賞:『ダークナイト』

■録音賞:『スラムドッグ$ミリオネア』

■編集賞:『スラムドッグ$ミリオネア』

■ジーン・ハーショルト友愛賞(長年の社会貢献に対して):ジェリー・ルイス
ジェリー・ルイスは長年に渡り、筋ジストロフィー患者に対して累計10億ドルにも及ぶ援助活動を行って来たらしい。

■作曲賞:『スラムドッグ$ミリオネア』

■歌曲賞:『スラムドッグ$ミリオネア』 ”Jai Ho”

■外国語映画賞:『おくりびと』…邦画初受賞おめでとうshine

Photo_2
日本人としては快哉を叫びたいところですが、受賞式は割とあっさりとした進行で、滝田監督の短めのスピーチが終わると、追い立てるように退場の音楽が流れました。滝田監督の仕草を見ると、主演のモックンにもスピーチを勧めていたように見えました。先ほどの短編アニメ賞の加藤監督もそうでしたが、言葉の壁は大きいですね。母語ならもっと含蓄のあるスピーチができたであろうに、と思います。国内向けのスピーチの内容との乖離が大き過ぎて悲しい。他の受賞者は英語圏の人はもちろんのこと、非英語圏の人々も自在に英語を操り、見事なスピーチをしています。こういった場面を目にする度に、(悔しいけれど)今や英語が国際語として幅をきかせている以上、日本人の英語下手が残念に思います。「郷に入りては郷に従え」と言う言葉もあるように、海外の公の場で発言する機会のある人は、英語で最低限のコミュニケーションは取れるようにして欲しい。米アカデミー賞では「まさか自分が受賞できるなんて」と言う謙遜はやめて、せめて丸暗記でも良いから入念に練られた受賞スピーチを用意して、受賞式に臨んで欲しい。或いは正式に通訳を立てた方が良いと思います。ハリウッドスターが来日会見で通訳を立てているように(【2009.03.06追記】←滝田監督の話によれば、アカデミー賞受賞式では通訳を立てることは原則禁止のようですね。さらに改めて受賞スピーチを見ると、非英語圏出身者で見事なスピーチをしているのは、人前で”表現”するのが仕事の俳優陣だけですね)

【2009.02.24追記】

『おくりびと』の外国語映画賞受賞は、米国マスコミでも”サプライズ”として受け止められていて、予想外の受賞だったようです。下馬評ではイスラエルのアニメ(内容はどうもイスラエル・パレスチナ紛争を題材にしたもの)か、と言われていたんですよね。しかし、未曾有の経済不況や各地での絶え間ない紛争などで疲弊した人々の心には、本作の”癒しの物語”が受け入れられたのかもしれません。

◆『おくりびと』私的レビュー:http://hanakonokoukishin.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-bcf7.html

■監督賞:ダニー・ボイル 『スラムドッグ$ミリオネア』

■主演女優賞:ケイト・ウィンスレット 『愛を読む人』

■主演男優賞:ショーン・ペン 『ミルク』

ショーン・ペンが謝辞の筆頭に「親友の…サト・マツザワ」と言う日本人名を挙げたのにはビックリしましたが、ショーン・ペンのパーソナル・アシスタントなんだそうです。ググってみたら、以下のような記事もありました。それによれば、サト・マツザワは女性で、長く彼の仕事上のサポート(映画のクレジットでも"miscellaneous staff"と書かれているので、日本で言うところの”付き人”なんでしょう)を務めている人のようです。さらに記事では、受賞スピーチで通常家族への謝辞を述べるケースが多い中で、ショーン・ペンは妻や子供達に一切言及しなかったことも、彼自身の考えがあってのことで(もちろん家族の支えには感謝している)、それが彼のスタイルなのだと書いています。

サト・マツザワって誰?
http://asianista.com/2009/02/24/identity-of-sean-penn-best-friend-sato-masuzawa-thanked-oscar-acceptance-speech-revealed/


■作品賞:4月の公開が待たれる『スラムドッグ$ミリオネア』

ノミネート最多13部門で話題を呼んだ『ベンジャミン・バトンの数奇な人生』との直接対決ではことごとく勝って、結局今年のアカデミー賞の顔となった本作。あのダニー・ボイル監督がボリウッドと組んだ意欲作です。期待大。

ところで『クイズ・ミリオネア』は英国発祥のクイズ番組で、今では世界70カ国のお国バージョンで放映されているらしい。日本版は最近もっぱらセレブ出演番組になってしまって、「芸能界内でお金回してどうすんのよ」って気がしないでもない。このクイズ番組は本来視聴者参加型で、一般人が四者択一のクイズで一攫千金を狙えるから人気を博したはずなのに、日本では司会者と出演芸能人(有名人)のやりとりがウリになってしまいました。芸能人(有名人)なんて、こんな番組を利用しなくても自分の才能で稼ぎ出せば良いのに。否、稼ぎ出せるでしょう?


80

|

« マンマ・ミーア!(原題:MAMMA MIA!) | トップページ | 最近のマスコミ報道を見て、感じたこと »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/322736/28316726

この記事へのトラックバック一覧です: 第81回米アカデミー賞をリアルタイムで楽しむ♪:

» 助演女優賞はペネロペ・クルス「映画は世界をひとつにします!」 [あの人はこんな方]
助演女優賞は『恋するバルセロナ』ペネロペ・クルス「映画は世界をひとつにします!」司会のヒュー・ジャックマンによるにぎやかなショーで幕を開けた今年のアカデミー賞。まず、主要部門の口火を切って発表されたのは、助演女優賞。混戦模様を呈する中、『それでも恋するバルセロナ』でコメディエンヌとして新境地を開いたペネロペ・クルスが見事、オスカーを受賞した。まず、壇上には過去のティルダ・スウィントン、ウーピー・ゴ...... [続きを読む]

受信: 2009年2月23日 (月) 13時35分

« マンマ・ミーア!(原題:MAMMA MIA!) | トップページ | 最近のマスコミ報道を見て、感じたこと »