« ホテル・ルワンダ(南アフリカ・英・伊、2004年) | トップページ | 映画『バベル』は観客を選ぶ? »

構造的な問題を描く~ブラッド・ダイヤモンド(BLOOD DIAMOND、米)

60  映画界が近年”アフリカ”ブームであることは、本作プログラム中の記事にも指摘があった通りである。私が見ただけでも、『ザ・インタープリター』『ナイロビの蜂』『すべては愛のために(Beyond Borders))』『ダーウィンの悪夢』『ロード・オブ・ウォー』『ラストキング・オブ・スコットランド』そして『ホテル・ルワンダ』と、アフリカが抱える問題を真正面から捉えた、或いはアフリカを舞台に繰り広げられる凄惨なドラマが目白押しだ。これは何を意味するのだろう?近現代国際社会の歪みが最も端的に顕われているアフリカの地が、ドラマ的要素を多分に持っていることの証明なのか?或いはアフリカから搾取を続ける側の良心の疼きが、世界にアフリカの惨状を伝えずにはいられないのか?それがせめてもの罪滅ぼしのつもりなのか?正直言って『ラストキング・オブ・スコットランド』まで見たところで食傷感が否めず、もう”アフリカもの”はしばらくはいいかなと思ったくらいである。ところが本作は、そんな私の心を再び揺さぶったのだった。全編2時間23分という長尺を感じさせない緊迫感で、終始私の目を釘付けにした。 

 タイトルの『ブラッド・ダイヤモンド』とは別名”紛争ダイヤ”とも言われ、アフリカの紛争地帯において革命軍等の軍費調達の手段として利用されているダイヤのことを指しているのだそうだ。その出自を隠す為に複雑なルートを経て、正規ルートのダイヤの中に紛れて世界中で販売されて来たと言うから、自分の持っているダイヤモンドが紛争ダイアである可能性だって否定できない。仮にそうであれば、間接的ではあるにせよ、アフリカの紛争に加担したことになる(紛争のピーク時には市場に流通するダイヤの約15%が紛争ダイヤであったとの説もある)。2000年にはこの紛争ダイヤを世界市場から排除すべく、国連主導で”キンバリー・プロセス”という、流通するダイヤが紛争ダイヤではないことを証明する制度も設置されたが、今もなお紛争ダイヤは巧妙に市場に紛れ込んでいるらしい。

紛争ダイヤQ&Ahttp://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=994
キンバリー・プロセスとは:http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=996
                        

Photo_3  本作の主な舞台となったシエラレオネは、ギニアリベリアに囲まれた大西洋に面した西アフリカの小国である。

 この記事を書くに当たってシエラレオネについてネット上(日本語のみ)で調べてみると、検索エンジンで「シエラレオネ」と指定してもあまり有用な情報が出て来ないのに対し、「紛争ダイヤ」ではいろいろ出て来た。シエラレオネという国が「紛争ダイヤ」問題を通して語られることの多さに正直驚いた。
 
 遠い記憶を辿ると、意外にもシエラレオネとは個人的な接点があったことを思い出した。もう20年以上も前のことである。当時仕事の関係で、ひとりのシエラレオネ人女性と出会ったのだ。彼女は当時のシエラレオネ政府から派遣された技術研修員。身の丈は180㎝はあろうかという、小柄な私から見れば見上げるような大柄の女性で、いつも色鮮やかな民族衣装を身にまとい、頭にも共布のターバンを巻いて世界各国からの研修員の中でも目立つ存在だった。自信たっぷりな言動で、快活に笑う女性だったように記憶している。彼女は2カ月後には日本での研修を終え帰国の途に着いた。その数年後にシエラレオネは長く凄惨な内戦状態に陥ったのである。今回の映画の舞台がシエラレオネと聞いて彼女の近況が気になるところであるが、残念ながら今の私には知る手だてがない。

シエラレオネについて:http://www.jca.apc.org/unicefclub/unitopia/2002/Sierra.htm
■世界で一番寿命が短い国:http://www.ochanoma.info/sc_diamond.html

 今にして思えば、神様はアフリカに対して残酷な贈り物をされたものだ。象牙、石油、ゴールド、そしてダイアモンドと言った豊かな天然資源は、アフリカの人々を幸福にするどころか、それが生み出す富を巡る争いの渦中に人々を巻き込んでしまった。しかも富に群がる者達は、アフリカの人々から豊かな恵みを搾取する構造を巧妙に作り上げてしまったのだ。これは既出の『ナイロビの蜂』でも描かれたように、人の命を踏み台に一部の人間が巨万の富を得る極めて不公正なシステムの中に、アフリカが組み込まれてしまったことを意味している。そして15世紀に始まった欧州諸国によるこうした搾取構造は、欧州の列強がこぞってアフリカの土地を奪い合った帝国主義時代に強化されたのだ。そして第二次大戦後には搾取する側に米国も加わった。

 ”彼ら”欧米の列強がアフリカに対して行って来た仕打ちの一端は、負の遺産としてアフリカの人々に継承され、本作のそこかしこに散見される。資源を不当に搾取するのも彼ら。紛争に使用される武器を供給するのも彼ら(国連常任理事国すべてが強大な武器輸出国であるという皮肉!日本は完成品レベルで武器輸出を一切行っていないことを誇りに思うべきである。事実、私が中東駐在時、現地の人々にそのことを賞賛された。残念ながら今後はどうなるか分からないが)。本作には政府軍の抵抗勢力としてRUF(革命統一戦線)が登場するが、腐敗しきった政府へ反旗を翻すレジスタンスが、必ずしも国民の味方とは限らない。これは政府軍も同様で、内乱末期にはそれぞれの軍によって国民の殺戮が行われたと伝えられている。劇中、RUFがのどかな漁村を襲撃し、捕らえた住民の片腕を情け容赦なくナタで切り落とした後に放った言葉は辛辣だ。「これ(恐怖支配の一環として、見せしめに一部の人間の腕や足を切り落とすこと)はベルギー人が始めたことだ」。
 40_1          

 今もなお世界に数十万人はいると推定される”少年兵”の描写も心をえぐる。RUFは年端もいかない子供達を無理矢理親元から奪い去り、残酷な手法で洗脳して殺人マシーンへと仕立て上げて行く。襲撃する村々で、女・子供・老人関係なく銃撃・殺戮を繰り返す少年兵ら。その表情には迷いがない。戦闘の合間にはアメリカのヒップホップ音楽をBGMに酒を飲み、タバコを吸い、トランプゲームに興じている。さらにドラッグ漬けにされた姿は衝撃的だ。これはけっして誇張ではなく、ほぼ実態に即したものだと言う。しかも少年兵はアフリカだけの問題ではない。世界の紛争地域の至る所で、彼らの姿は目撃されるのだ。例えば中南米の少年兵の悲劇は、エルサルバドルを舞台にした映画『イノセント・ボイス~12歳の戦場』に詳しい。

少年兵ついて:http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=961
 
 家族からRUFによって無理矢理引き離され、ダイヤモンド採掘の強制労働に駆り出された漁師のソロモン・バンディー(ジャイモン・フンスー)。そのソロモンがRUFの監視の目を盗んで隠したピンクダイヤの横取りを狙う、傭兵上がりのダイヤ密売人ダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)。そして紛争ダイヤの真相を世界に向けてスクープしたいジャーナリストのマディ・ボウエン(ジェニファー・コネリー)。ソロモンが偶然見つけた時価数億円相当のピンクダイヤを軸に、3人の思惑が交錯する。ところが共に紛争地でサバイバルの旅を続けるうちに3人の間には信頼関係も生まれて行く…

 家族の絆を何よりも大切にする生粋のアフリカ人ソロモン、悲惨な過去を持つアフリカ南部出身の白人ダニー、世界の紛争地で取材を続けるタフなアメリカ人ジャーナリスト、マディ。3人の人物造型と相関関係はアフリカの歴史や現在のアフリカにおける力関係を反映して興味深いが、商業映画である以上多少の美化がなされているのかもしれない。現実は映画で描かれている以上に複雑で過酷だろうから。

50

 本作はさまざまなメッセージや情報が凝縮された濃厚な味わいで、主要キャスト3人のの熱演も光り、かなり見応えのある仕上がりとなっている。近年のハリウッド映画の中でも最も上質な作品のひとつと言えるのではないか?今年度米アカデミー賞作品賞を受賞した『ディパーテッド』を完全に陵駕していると思う。映像的には、凄惨な内乱の描写とアフリカの美しく雄大な自然との対照に胸を衝かれた。「この美しい大地を血塗られた場所へと変えたのは誰だ?」と詰問されているかのようだった。惜しむらくは、クライマックスの30分はいかにもハリウッドらしいまとめ方であったこと。とは言え、今年見た中では心を強く動かされた1本には違いない。

 なお本作を見るに当たり、映画批評家・前田有一氏のネット映画評『超映画批評』が参考になった。数多ある映画評とはひと味違う、背景説明が作品理解に役だった。⇒http://movie.maeda-y.com/movie/00887.htm

★今回もいろいろと勉強になりました。映画に心から感謝したい。

【関連リンク】
■エドワード・ズウィック監督のメッセージ:http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=995

|

« ホテル・ルワンダ(南アフリカ・英・伊、2004年) | トップページ | 映画『バベル』は観客を選ぶ? »

映画(2007年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/322736/6133734

この記事へのトラックバック一覧です: 構造的な問題を描く~ブラッド・ダイヤモンド(BLOOD DIAMOND、米):

» 映画「ブラッド・ダイヤモンド」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Blood Diamond 100カラットのピンク・ダイヤモンド、社会派ドラマのつもりで観たが少々様子が違っていた・・父と息子の強い絆、男同士そして男と女の友情みたいな感動・・ アフリカの大地は血で出来ている。1カラットが0.2gなら100カラットで20g、ダイ... [続きを読む]

受信: 2007年4月19日 (木) 02時17分

» [Review] ブラッド・ダイヤモンド [Diary of Cyber]
人間の生命に比べたら、ダイヤモンドの価値など『たかが』である。 だが、その『たかが』のために、今も尚、多くの人間の生命が奪われている     。 『高価なものの覇権争い』は、今に始まったことではない。 コーヒー、紅茶、胡椒。何十年何百年と繰り広げられる、人間の独占欲から生まれる闘争は、枚挙に暇がない。そして、その闘争の裏には、必ず存在する『弱者』。虐げられ、強奪され、更には人間の人間たる尊厳まで粉々にされて。彼等の『生命』はおろか、『幸せになる権利』さえ、『たかが』の前には塵芥と化す。 ... [続きを読む]

受信: 2007年4月19日 (木) 12時26分

» 「ブラッド・ダイヤモンド」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「ブラッド・ダイヤモンド」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー、マイケル・シーン、アーノルド・ボスルー、カギソ・クイパーズ、デイビッド・ヘアウッド、ベイジル・ウ..... [続きを読む]

受信: 2007年4月20日 (金) 08時46分

» ブラッド・ダイアモンド [心のままに映画の風景]
内戦が続くアフリカ。 漁師のソロモン・バンディー(ジャイモン・フンスー)は、村を襲撃してきた“RUF”によってダイヤモンド採掘場へと連れていかれる。 離れてしまった家族を思いながら、ダイヤモンドを採掘する日... [続きを読む]

受信: 2007年4月21日 (土) 16時22分

» ブラッド・ダイヤモンド 見てきました [よしなしごと]
 社会派映画なのに、異例(?)の大ヒット作、ブラッド・ダイヤモンドを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2007年4月27日 (金) 02時11分

« ホテル・ルワンダ(南アフリカ・英・伊、2004年) | トップページ | 映画『バベル』は観客を選ぶ? »