映画(2006年以前)

ホテル・ルワンダ(南アフリカ・英・伊、2004年)

Photo_16  そもそも私達日本人は『ホテル・ルワンダ』という映画に出会うまで、ルワンダと言う国についてどれだけ知っていたのだろうか?アフリカのどの位置にあり、どのような人々が暮らし、1994年そこで何が起こったのかを。

 例年そうだが、米アカデミー賞レースで取りざたされる作品の約半分は、授賞式の時点で日本未公開だ。私は華やかな授賞式を、まるで何か粗相をして餌のお預けをくらったペットのように(イマドキの飼い主はそんなことはしないかもしれないが)歯がゆい思いで見ている。受賞式会場にいる映画関係者や観客の興奮や歓びはテレビ画面を通して伝わっては来るが、同時にそれを共有できない悔しさを感じている。一昨年もそんな気分の中で幾つかの作品を目にし、その日本での公開を心待ちにしていた。

 『ホテル・ルワンダ』もそのひとつだった。しかし残念ながらアカデミー受賞式の時点では、日本での興行的成功は難しいと判断されたのか、日本公開の目処は立っていない、と報道された。

 ところが、である。20代の若者が発起人となり、インターネット上で公開嘆願署名運動を展開し、なんと僅か3カ月で4000通を超える署名を集めて、公開を実現させたのだ。若者の瑞々しい感性、行動力、そしてインターネットの情報伝播力の前には、「あ~あ日本公開はないのか。残念だね」と歯がみするしかなかったおばさん(私)は、本当に「参りましたm(_ _)m」とひれ伏すしかない(笑)。

 1994年半ば頃まで、私達家族は中東にいた。ちょうど日本への帰り支度を始めた頃だったのだろうか?同じ頃、アフリカ東部のケニアに近い小国ルワンダでは対立する部族間で大虐殺が行われていた。僅か100日で100万人もの罪のない人々が虐殺されたのだ。これをジェノサイドと言わずして、何と言おう。

 当時の私はその事実を知らなかった。(環境的に、或いは自らの怠惰で)情報過疎の中にいたからだ。自宅ではアラビア語放送が中心のTVは殆ど見ることもなく、新聞にしてもタブロイド版の英字紙と日本の全国紙の衛星版を熱心に読むでもない。電話の回線状態すら不安定でインターネット環境も整っていなかった(インターネットなしの生活は考えられない現在とは雲泥の差である)。乏しい情報の中で、日本人も100人いるかいないか(子供に至っては10数人程度)と言った状況下で、正直心細い思いを抱えつつ、子育て中心の毎日を過ごしていた。
 
 そんな中での虐殺報道である。
当時夫が毎日聞いていたBBCニュースで、おそらくルワンダの名を何度か耳にはしていたはずだ。しかし私の関心の外だった。それどころか、この映画を知って、改めてルワンダの虐殺に関心を持ったと言っていい。自分が恥ずかしい。

【感想】

 言うまでもなく国連を牛耳っている大国とて、”自国の利益のため”を第一義に動いている。人道的見地の優先順位は思いの外低く、たとえ国連加盟国のどこかで暴挙が行われようとも、自国と利害関係がないと見るや見て見ぬ振りも辞さない。そして非大国はと言えば自国を守るのに必死で、他を顧みる余裕すらない。1994年のルワンダにおける大量虐殺は、そんな世界がルワンダを見殺しにした結果だ。

 映画『ホテル・ルワンダ』は、事実に基づいた物語だ。世界の非情ぶりが、そして容赦ない虐殺の経過がつぶさに語られている。ホテル・ミル・コリンの支配人ポール・ルセサバギナの口を通して、行動を通じて。

 ホテル・ミル・コリン。1泊の宿泊代金が当時のルワンダ国民の年収の半分に相当するほどの高級ホテルだ。そこでフランス人上司の下で支配人として働くポールは、対立する民族フツ族・ツチ族の両方に巧みに取り入って、何とか家族の平穏無事だけでも守ろうと日々必死だ。機転のきく利発さと、時には権力者と堂々と渉り合うしたたかさが何とも頼もしい。ポールの一挙手一投足を目で追いながら、自分だったら、夫なら、どうするのだろうと想像を巡らせた。

 危うい民族間の力の均衡が破られた時、ポールや彼の家族、そしてルワンダの無辜の民は、どのような試練に立たされ、いかにしてそれを乗り越えたのか?この映画は、それを目撃する作品である。

Photo  ルワンダはコンゴ、ウガンダ、ブルンジに囲まれた小国。

 そもそもルワンダという国は多民族国家で、長く民族間の諍いもなく、平和に共存していたらしい。それが18世紀以降王宮の影響力拡大に伴い、民族間で階級格差などが生じたのをきっかけに民族間の対立が起きたと言うのだ。

 それを悪化させたのが、第一次世界大戦後のベルギーによる支配だ。国家としてまとまっていたルワンダを分裂させるべく、民族の容姿の違いをことさら言い立て、差別意識を植え付け、対立感情を煽ったのだ。同じ所に住み、同じ言葉を喋り、同じ宗教を信じ、人種間結婚もしているフツ・ツチ両民族は、異なる民族集団としては捉えられない、というのが歴史家、民族学者の見解である。ここにも、かつての帝国主義国家の植民地政策のツケをいまだに支払わされ続けているアフリカの不幸がある。

 霧の中、突き進むバン。道路は起伏が激しく、バンは前後左右に大きく揺れる。その感触の一種異様さは画面からも伝わって来る。それが何なのか、あなた自身の目で確認して欲しい。

 自分の無知・無関心に、刃のように突き刺さる映画。自分の偽善や浅慮に容赦ない批判が浴びせられるような感覚を覚える。でも目をそむけてはいけないのだと思う。

【参考リンク】
■『ホテル・ルワンダ』公式サイト:http://www.hotelrwanda.jp/index.html
■『ホテル・ルワンダ』公開問題:http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20050616

| | コメント (2) | トラックバック (3)

武士の一分(2006年)

Photo_14   珍しく息子の方から時代劇映画を見たいと言い出した。キムタク主演で話題となった『武士の一分』である。これには彼なりのちょっとした理由があった。2004年に単行本の発行部数が一億冊を超えた人気漫画『スラムダンク』の作者井上雄彦氏のもうひとつのヒット作『バガボンド』に影響されて、と言って良いだろうか。

 そもそも息子と井上雄彦作品との出会いも意外なものであった。当初私の担当美容師であったK君(若干20代半ばながらプロ意識をしっかり持った腕の良い美容師です)。今や家族全員がお世話になっている。そのK君が漫画好きの息子に『スラムダンク』は必読だ!と強く薦めたことが、息子と井上漫画との出会いだった。『スラムダンク』にいたく感動した息子は、井上氏のもうひとつの代表作『バガボンド』へ手を伸ばした。そしてこれにすっかりハマッてしまったのである。

 それだけではない。今度は『バガボンド』の着想の元となった吉川英治の『宮本武蔵』を読みたいと言いだし、学校図書館にないと知るや自ら市立図書館に足を運び、貸し出しカードを発行して貰うと、分厚い単行本を借りて来て今夢中になって読んでいる。あの読書嫌いの息子が、である。

 当初は文庫本を探していたが、結果的には単行本で良かった。なぜなら単行本には豊富な(味わい深い)挿絵があり、それがちょうど頃合い良く紙面に登場して、長文にはまだ不慣れな息子には”箸休め”のようになっている。

 私は息子が漫画好きであることを嫌だとは思っていない。自分自身、子供時代には沢山の漫画を読んだのだから。ただ漫画と並行して、活字の詰まった本も読んだ。息子にもできれば同じように程よいバランスで漫画と活字の両方に親しんで欲しいとかねがね思っていた。それが思いがけない展開で実現している。

 して、映画『武士の一分』についての息子の感想はと言うと、「剣を交えるシーンが少なくてちょっと物足りない」らしい。そりゃそうだ。これは藤沢周平作品で、剣術小説とは違うのだから。藤沢作品は海外にいた時に取り寄せていた『オール読物』で当時は藤沢氏も存命中だったから、新作中編をよく読んでいた。設定は時代ものながら、作品が描いている世界観は普遍的なものであり、今にも通じるものがあった。本作でも印象が鮮烈だったのは、夫婦愛であり思いやりである。

 山田監督も本作で”平凡な日常の尊さ”を描きたかったと言われていたように記憶している。食事シーンというのは何もホームドラマの独壇場ではなく、時代劇でも日常生活を描く上で欠かせないシーンのようだ。池波正太郎原作の、岸谷五朗の主演で久しぶりにリメイクされたテレビ時代劇『藤枝梅安』でも、2時間の放映時間の間に何度となく食事シーンが出て来て印象的だった。殺人のシーンと、仲間と鍋を囲みながらほくほくと煮えた大根を食べるシーン。その対照性が際だてば際だつほど、梅安の仕事の非情さと、何気ない平凡な日々の尊さが心に沁みて来た。

 
”永遠のアイドル”キムタク出演の時代劇ということで話題になった本作であるが、私は本作を見ている間、その世界観にどっぷり浸って、主人公がキムタクであることはすっかり忘れていた(”誰を演じてもキムタク”という彼にしては比較的キムタク色が希薄。月代《さかやき》部分をきちんと剃っていないうらぶれた姿など、その弱々しさが新鮮ですらある)。妻役の壇れいの美貌と所作の美しさ、脇を固める笹野高史の好演も光っていた。

以下はネタバレ。

Photo_15  本作『武士の一分』でも、最後の最後で、”妻の手料理の味”が大きな意味を持っていて、タイトルの”一分”で主人公が守りたかったものが、実は「武士としての立場」より、「夫婦の絆」であったのだと思い知らされる。本作が心温まるしみじみとした余韻を残す、ひと味違った時代劇であることは間違いないと思う。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミュンヘン

Photo_4  公開当時、本作について一部映画評はなかなか辛口であった。「何を今さら。既に言い古されたテーマ」「あのスピルバーグをして、このテーマについてこの程度のことしか言えないのか」など。しかし、この作品に描かれた当時の状況は、30年を経た今も殆ど変わらず、人々を苦悩の内に置いている。スピルバーグは途切れることのない憎悪の連鎖を、それによって繰り返される暴力を本作で描きたかったのではないか、と個人的には思った。このことを忘れないで、そして自分の問題として考え続けて…と。

 ラストシーンの、今はなきWTCビルの姿が象徴的だ。劇中でもパレスチナ・ゲリラの一人、アリが熱く語っている。「土地を取り戻すまで、100年でも我々は闘う」彼の地には、この言葉通りの現実がある。彼らはそこにパレスチナ国家を樹立するまで、それこそ百年でも数百年でも千年でも闘い続けるのではないか?主人公アブナーはアリの言葉にこう反駁するのだった。「あの岩ばかりの土地でもか?」

 私は彼の地の近隣に住んだことがあるので、その地勢は行ったことのない人よりは多少は知っているつもりだ。確かに土漠と言ってもよい草木の殆どない地域もある。しかし、例えばヨルダン渓谷周辺には田園風景や果樹園が広がっていた。そこで収穫される農作物には旬があり、季節毎に八百屋の品揃えには変化があった。果実は乾燥した空気で乾きがちな喉を潤すに十分な果汁を含み、野菜も日本のハウス栽培野菜と違って味にコクがあった。そうしたキュウリやニンジンをおやつ代わりにかじりながら、地元の少年達は布を巻き付けて作ったお手製のサッカーボールを路上で蹴って遊んでいたりする。瑞穂の国、日本と比べれば乾燥した岩ばかりで、水の確保も難しい生存環境の厳しい土地と言えるのかもしれないが(だからこそ、世界4大宗教のうち、3つまでもがこの地で生まれた?!)、そこで生まれ育った人間にとっては、かけがえのない故郷と言えるのだろう。

 他人には窺い知れぬ愛着が、その土地の人間にはあるのだ。それは、例えば日本の豪雪地帯の人々にも言えるのではないだろうか。昨年はいつにない大雪で、集落が雪のために交通路を断たれ孤立するケースが続出した。比較的自然災害の少ない都会の人間の中には、「あんな所にはとてもじゃないが住めない」と思った人も多いのではなかろうか?しかし、そこにはその土地を愛し、そこに執着する人々がいるのだ。テレビ中継で映し出される映像には、年寄りだけでなく10代の若い姿もあった。こうした土地の冬の厳しさの後には素晴らしい春の訪れがある、と人づてに聞いたことがある。劇的な四季の変化はその土地の宝と言えるのかもしれない。

 土地に執着する人々の思いを、誰が否定できよう。何千年というスパンで見れば、ユダヤ民族パレスチナ民族共に同じ土地で平和裏に共存していた時代もあったはずだ。それが”国家”という単位になると事態がややこしくなる。国体護持のために、個人の幸福が犠牲になる。それは非情にも人類の歴史で繰り返されて来たことだ。命を賭して、家族との平穏な生活を犠牲にして、国家に忠誠を尽くした結果はどうだ?国家は彼らの愛国心に応えてくれたのか?本作ではアブナーやアリを語り部に、その不条理を衝いている。現実問題として、国家の存在、そして安定なしに自分の平穏な暮らしはないとは理解はしていても、「国家なんてクソくらえ」と、本作を見て思った。

| | コメント (0)